スタッフインタビュー

staff interview

システム担当

41.jpg

吉原 和宏

Q.会社に入社したきっかけは?なぜFun Standardに?

システム開発の本業の傍ら、副業で外部委託としてシステム関係の作業依頼を会社から請け負っておりました。 これからシステムを構築していくという状況で、社長から社員にならないかと声をかけていただき、 立ち上げから自分たちで作っていくという環境にとても興味を惹かれたので、力になるならと入社することにしました。

Q.入社する前はどんな仕事をしていましたか?

新卒で入社した会社では受託開発をやっていましたが、その後SESとして様々なシステム、例えば制御系・Web系・業務系のほか携帯アプリなど、業界としては金融・通信・保険・物流・一般向けアプリの開発等、多岐にわたって従事していました。 作業工程としては要件定義からテストまで全工程の経験があり、担当となれば何でもやっていました。 もともと一つの業種で同じシステムをずっと作り続けるような立ち位置ではなかったので、色々な経験を積むことが出来たと思います。 おかげで今はその知識と経験を生かして仕事ができていると思います。

Q.今、担当している業務について教えてください。

EC業界に関係するシステム全般です。 受注から出荷までの運用・在庫管理・商品管理・カスタマー対応・・・これらでは必ずシステムを介在するので、その業務が円滑に進むようなシステムの開発と運用を行っています。 パッケージ製品を使うことはあまりなくて、SaaS・PaaS・IaaSを色々とフル活用して業務にあたっています。 例えばお客様から受けた注文データをコントロールするためのアプリケーションを作ったり、出荷作業が円滑に進むような補助アプリケーションを作ったり、です。 言語としては Python、一部 Java 、スクリプトとして GAS も良く使用しています。 あとは社内業務でシステムを使う場合の作業補助や、PCなどのIT資産の環境構築もやっています。

Q.入社して最初に担当した業務はどんな業務ですか?

業務委託で受けていた時に最初にしたのが、受注データと在庫データのDB化でした。 各種APIの仕様と要件を固めて、サーバーやDBの選定など、一から構築しました。 正式に入社した後に最初にやったのは、ラベルプリンタへの印字処理アプリを作ることでした。 この印字アプリは紆余曲折あって今はお蔵入りですが、ラベルプリンタへの出力も昔やっていたので、その経験がすごく生きたなと思いました。

Q.現在の業務でのやりがいを教えてください。

前職までの自分のポジションとしては、決まった要件のもと設計・製造と行っていましたが、いまは本当に最初の一歩から自分たちで決めていくので、とてもやりがいがあります。 また、今までの様々な経験が作業にすごく役立っているので、自分のスキルを活かして仕事している感がすごくあって楽しいです。

Q.今チャレンジしていることはありますか?

これまで会社が手作業で行っていた作業をいかに効率化・システム化するかを考えています。 開発が仕事なので当たり前といえば当たり前なのですが、常に効率を上げるための意識をもってチャレンジしていると言えなくもないかな・・・と思います。 あとは、システム開発が自分一人しかいなくて、いつも作業リソースが不足している状態なので、 作業を他の人に委譲してそれでいて成果が落ちないような仕組みづくりができたらいいなと思っていますが、なかなか前途多難です。

40.jpg

Q.3年後の目標を教えてください。

取り組んでいるシステムが落ち着いて、その先の付加価値を作り出せるような状態に持っていきたいな、と思っています。 現在は会社的にマストなものを開発していますが、「あればいいな」というシステムをどんどん作って、社員がどんどん楽になって、商品担当者が商品開発以外の時間を取られないようにしたいです。 あとは、カスタマー対応で人じゃないと出来ないこと以外は全部自動化を目指しています。

Q.休日は何をして過ごすことが多いですか?趣味などは?

基本的に家族のための何かをやっています。 そうじゃないときは、暇があればスプラトゥーンをやってます。 趣味はシステム開発、つまり仕事と同じなので、ある意味いつも趣味をしているとも言えます。 なのであまり休日にというのは無いですが、休日でも自社開発の何かを触って下準備をすることもあります。 システム開発が好きなので、好きなことでお給料がもらえるのはとても幸福です。

Q.Fun Standardはどんな会社だと思いますか?

成長過程の会社なので、その中にいるだけでも色々と経験ができます。 任せられるようになれば、EC業界のあらゆることを担うようになるので、本当に色々なことを経験することになります。 システム開発目線でいうと、自分と同じように一から構築することが好きな方にはとてもマッチしていると思います。 特定の言語やフレームワークが押し付けられるわけじゃないので、今までのスキルを活かした開発もできるし、これから伸ばしていきたいスキルを選択することもできます。

Q.最後に求職者の方へのメッセージをお願いします!

成長している今のタイミングじゃないと立ち会えない要素がてんこ盛りです。 自分が会社を作っていきたい!という気概を持った方にはうってつけだと思います。 そんな環境を求めている方、ぜひ一緒に会社を盛り上げていきませんか? ご応募お待ちしています!

39.jpg