top of page

デザイナーの仕事内容 撮影編

こんにちは^^

デザインチームのSです♪


本日は、デザイナーの仕事内容 撮影編をお届けします(^O^)/


FunStandardではいくつかのブランドがあり、多岐にわたるカテゴリーの商品を販売しております。その中でも今回は私がメインで担当しているPykesPeakブランドの撮影の様子をご紹介させていただきたいと思います。


商品撮影ではできる限りお客様に商品をリアルに使用するイメージを持っていただけるよう、試行錯誤しながら撮影をしています。特に新商品だと商品開発・販売担当・SNS・撮影チーム…と沢山のメンバーと協力しながら、準備を重ねて進めています。


撮影の前段階としては、まずは販売担当者がクリエイティブチームへ制作物の依頼を行います。

そこからデザイナーが実際の制作物のラフを作成し、販売担当とラフの修正を何度か行った後、デザイナーから撮影チームへ撮影依頼を行います。


撮影ラフでは、どのような構図の写真素材や動画が必要か、また商品の角度やモデルさんのポージング、作り出したいシチュエーションに必要な小物など、必要な情報を細かく記載します。


その後、その内容をふまえて、撮影チームが撮影場所のロケハンやその日の撮影香盤表を作成し、モデルさんとの撮影日の調整などを進めていきます。


当日の撮影は、撮影担当、デザイナー、モデルさんとで進めていきます。

外の撮影では天気予報とにらめっこしながらスケジュールを立てますが、急な雨風にみまわれたり、夏場のキャンプ場の撮影では虫との戦いもあったり…と以外と体育会系ですw

とはいえ、社員みんなでこの角度から撮った方が分かりやすいね!などいろんな意見を出し合って仕事ができるのはワクワクな作業でもあります。


撮影中は、デザイナー視点で、撮影した写真をその場で確認しながら、商品バナーに必要な素材のカットなどの意見も出していきます。




撮影後は、撮影チームから上がってくる素材をもとに、デザインチームで商品バナーの作成にとりかかります。


以上が簡単ですが、デザイナー業務の中での撮影のお仕事となります。


弊社のデザイナーの仕事は、商品開発から始まり、マニュアルやパッケージ、バナー、サイトの制作…と作業も多岐に渡りますが、商品を作り出すところから販売までオールインワンで担当できるのはインハウスデザイナーの面白みだと思っています♪


また、デザインチームは現在本社メンバーと、他県からのフルリモートメンバーで構成されていますが、お互いフォローしあってチーム内で連携をとって仕事を進めています。バックグラウンドや年齢も様々なメンバーが集まっているので、お互いの得意分野の知識を共有したりと、デザイナーとして成長もできる環境です^^


これからも、自社の商品の良さをお伝えできるデザイン制作を積み重ねていきたいなと思います。FunStandardでは一緒に働いてくださるメンバーを募集中です。デザイン職も募集中ですのでご興味がある方はぜひご応募ください!


最後まで読んでいただきありがとうございました^^


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Fun Standardでは一緒に働く仲間を募集中です!


募集職種、スタッフインタビュー、福利厚生などはこちら♪



閲覧数:214回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page